大崎市で寄託を受けている絵巻原本1本と、贈呈された絵巻の複製品2本

絵巻の原本(上)と、紙の破れ具合までも精巧に再現した複製品(中・下)

 

平成29年7月4日、富士ゼロックス宮城株式会社より、歴史資料絵巻の複製品を贈呈していただきました。

富士ゼロックス宮城株式会社が行っている文化伝承活動の一環で、大崎市岩出山地域の須江敏信さんが所有する歴史資料、絵巻「文政十一年 従四位下少将伊達斉邦公下向行列次第(ぶんせいじゅういちねん じゅしいげ しょうしょう だてなりくにこう げこうぎょうれつしだい)」の複製品を無償で作製していただいたものです。

この資料は、仙台藩12代伊達斉邦公の初めての参勤交代の下向(江戸から仙台まで)の行列が描かれたもので、4本の巻物が現存しています。4本の巻物を合わせた長さは約30メートルに及び、1,200人を超える人物が描かれています。それぞれに役職や氏名が記載されており、描かれている情報が豊富で、大変貴重な資料となります。

富士ゼロックスの文化伝承活動は、県内では白石市に続いて大崎市が2例目となります。

 

贈呈をいただいた複製品の絵巻は、平成29年7月20日から10月1日までは新図書館に展示し、その後は出前講座や講演会などで活用する予定です。

今年は伊達政宗公生誕450周年です。大崎市に伝わる伊達家の歴史と、富士ゼロックスの高度な技術を、間近で感じてみませんか。