9月20日、ラムサール条約湿地「化女沼」の古代の里付近にある自由広場で、古川第四小学校の児童135名とNPO法人エコパル化女沼による里山と湿地の再生活動が行われました。

この取り組みは、ラムサール条約湿地「化女沼」の豊かな自然環境を大人から子供まで身近に体験し、学習できる環境教育エリアとして、本市とNPO法人エコパル化女沼が連携して再生活動を行っているものです。

この日は、古川第四小学校の4年生が、総合的学習の一環として再生活動に参加したもので、セイタカアワダチソウなど外来植物の除去活動や、環境教育エリア内の遊歩道に、周辺環境への負荷が少ない大崎地域の間伐材を利用した木質チップ敷きを手伝ってもらいました。
これからも、多くの市民の方に参加いただきながら、豊かな化女沼の自然環境を保全していきます。
 

※この活動は、宮城県の「みやぎ環境交付金」を活用して行われています。

 

大きな袋に木質チップを一杯詰めて何度も運びました

大きな袋に木質チップを一杯詰めて何度も運びました。

 

木質チップ敷きと併せて昆虫観察。たくさんのバッタ類を観察しました

木質チップ敷きと併せて昆虫観察。たくさんのバッタ類を観察しました。

 

皆さんの協力で木質チップが敷かれ,歩きやすくなった遊歩道

皆さんの協力で木質チップが敷かれ、歩きやすくなった遊歩道。