平成29年9月24日、大崎市古川地域宮沢地区で、大崎市の新ブランド米「ささ結」の稲刈り体験が行われました。

この企画は、大崎の米「ささ結」ブランドコンソーシアムとエフエム仙台の番組「J-SIDE STATION」との共催で、「大崎新ブランド米『ささ結』×Datefm J-SIDE STATION ささ結アグリ体験2017 第2弾稲刈り編」として、5月の田植え体験に続き開催しました。

お米の栽培体験を通じて、ささ結をもっと多くの人に知ってもらうこと、田んぼやお米に感謝し、お米を皆さんにもっと食べてもらえるようPRする趣旨で行っています。

当日は、同地区で農業を営む坂井農産の皆さんに指導をしていただき、Datefm人気アナウンサーも参加の中、参加者が鎌で手刈りし、くい掛けを行いました。
 

坂井さんに稲刈りの指導を受ける参加者

坂井さん(右から2人目)に稲刈りの指導を受ける参加者

稲刈り風景1

稲刈り風景2

稲刈り風景

 

昼食には、地元古川農産加工クラブの渡辺さんが調理してくれた、ささ結を使ったおにぎりや、地元の手作りの味噌汁などを味わい、美味しく楽しい1日となりました。

ささ結で交流会

ささ結のおにぎりや地元の手作り料理に舌鼓を打つ参加者

古川農産加工クラブ連絡協議会の渡辺さん

料理の説明をする渡辺さん(中央)