宮城大学と大崎市は、それぞれが蓄積する情報や資源を有効活用し、大崎市の地域活性化と宮城大学の教育研究活動の振興を目的に、平成19年から連携協定を結んでいます。

人材育成、文化振興、産業振興、まちづくり、保健・福祉・医療、自然・環境の保全、宮城大学における教育・学術・研究活動、その他必要と認める全8項目について、さまざまな事業で連携協力を深めてきました。

宮城大学と大崎市との連携協力(内部リンク)

「コミュニティ・プランナープログラム」は、県内外の市町村や企業・住民とともに、地域の課題を解決するために地域の担い手(コミュニティ・プランナー)の育成を目指す宮城大学の教育課程です。毎年、本市に宮城大学生が訪れ、地域活性化のためさまざまな取り組みを行っています。

今年度は、3年生が鳴子・鬼首地域、2年生が岩出山地域をフィールドとして学生自ら何ができるか考え、観光プランの提案や移住ガイドマップの作成、紙芝居の上映などの取り組みがありました。

中でも、観光プランはカップルを狙いとした内容となっており、学生ならではの視点で紹介されていますので、週末のお出かけなどにぜひご利用ください。

 デートするなら鬼首!?

デートするなら鬼首!?2

デートするなら鬼首!?3

デートするなら鬼首!?4

 

平成29年度の取り組みの様子 

ゆきむすびの田植え体験

ゆきむすびの田植え体験

NPO法人鳴子の米プロジェクトが運営する「むすびや」を取材

NPO法人 鳴子の米プロジェクトが運営する「むすびや」を取材

移住ガイドマップの作成

鬼首地域への移住を支援するガイドマップの作成

鬼首地域の秋祭りでゆきむすびの紙芝居

鬼首地域の秋祭りでゆきむすび誕生の経緯や特性を紹介する紙芝居を上映

ゆきむすびのおにぎりワークショップ

ゆきむすびを使ったおにぎりの紹介ワークショップを実施

ほっかぶり市のヒアリング

ほっかぶり市の主催者からまちづくりへの思いをヒアリング

甲冑を活かした取り組みのヒアリング

甲冑を活かしたまちづくりの取り組みをヒアリング

岩出山にある小紋の整理

岩出山地域で小紋の整理を行い歴史を体感

政宗公まつりで小紋柄うちわのワークショップ

政宗公まつりで小紋柄うちわの作成ワークショップを開催