平成30年3月17日から高知県高知市で開催される「第36回全国高等学校男子ソフトボール選抜大会」に、宮城県代表として出場を決めた古川高等学校男子ソフトボール部が2月27日、表敬に訪れました。

同大会への出場は3年ぶりとなりますが、「前回の成績を上回るよう、チーム一丸となって大会に望みます」と、部員一人一人が決意を表明しました。

市長は「伝統ある古川高等学校に新たな歴史が刻まれた。大会では同年代のアスリートと交流を深めながら、ぜひ金字塔を打ち立ててほしい」とエールを送りました。

大会での健闘を祈ります。