おおさき青年会議所じゃがいもクラブから伊藤市長へ寄附金贈呈  

 

平成31年2月5日、市内の企業などで構成する、おおさき青年会議所じゃがいもクラブ(以下じゃがいもクラブ)が市役所を訪れ、伊藤大崎市長が寄附金の贈呈を受けました。

この寄附金は、じゃがいもクラブが市内出身の高校生や大学生の経済的支援を目的に、奨学金として活用するため、毎年市に寄附いただいているものです。昨年度にじゃがいもクラブからいただいた寄付金で、今年度は高校生5人、大学生13人が新たに奨学金を貸与することになり、この寄付金を活用している奨学生は合計59人となっています。

株式会社アネスティの代表取締役で、じゃがいもクラブの会長である永根氏は、「今後もじゃがいもクラブの会員を増やし、来年以降もできるだけ多くの社会貢献を行い、地域に貢献していきたい」と話しました。

伊藤市長は「毎年子ども達の教育のため、寄附をいただき非常に感謝している。優秀な人材が地域に根付くように活用していきたい」と感謝の言葉を述べました。