令和2年7月14日、鹿島台地域出身の千田豊治氏が代表取締役を務める、ジー・オー・ピー株式会社に、大崎市長から紺綬褒章を伝達しました。

紺綬褒章は、公益のために私財を寄付した人に内閣府から贈られる褒章で、ジー・オー・ピー株式会社からはこれまでも多くの寄付をいただいております。また、個人としても大崎市へ寄付をいただいております。

市長は「これまでも多額の寄付をいただいており、鹿島台地域の施設の整備や小中学校の備品購入などに活用させていただいている。また、図書の寄贈など、子ども達の教育にも一助をいただいている。ふるさとに対する熱い思いに感謝します。」と感謝の意を述べました。

千田氏は「ふるさとがよくなってほしいという一心で寄付を続けている。大崎市に寄付することが、自分の成長につながり、やりがいにもなっている。寄付金はいままでどおり活用してもらい、大崎市を豊かにしてほしい。」と話していました。

栄えある褒章のご受章、誠におめでとうございます。