大規模災害の後は、点検商法や便乗商法等のトラブルが発生する傾向にあります。

災害に便乗した詐欺や空き巣が発生する心配がありますので、十分に注意してください。

被災した家屋の点検・修理などを依頼するときは、見積りをとるなどの方法で、工事の内容や金額を確認してから契約をしましょう。保険が適用される、補助金がでるなど、業者からの情報を簡単に信用せずきちんと確認をしましょう。

また、家屋の被害で鍵がかからないお宅では、出かける際、貴重品類は身につけるなど、空き巣犯罪にも気をつけてください。

不審な勧誘や電話を受けた場合は、「令和元年秋台風関連消費者ホットライン」や、消費生活センターにご相談ください。

「令和元年秋台風関連消費者ホットライン」が開設されました

令和元年11月1日から、台風19号などの被災者を対象に、独立行政法人 国民生活センターによる「令和元年秋台風関連消費者ホットライン」が開設されました。

消費生活に関する相談を受け付けていますので、下記にお問い合わせください。通話は無料です。

電話番号 0120-486-188(しんぱいむよう・いやや)

受付時間 10時~16時

令和元年秋台風関連消費者ホットライン」の開設について.pdf [128KB pdfファイル] 

大崎市消費生活センターにご相談ください

月曜日から金曜日(祝日、年末年始を除く)午前9時から午後4時

〒989-6188 大崎市古川七日町1-1 市役所東庁舎1階   

電話番号:0229-21-7321

ファクシミリ:0229-24-9595

メールアドレス:shisei@city.osaki.miyagi.jp

関連リンク

災害に便乗した消費生活相談事例などについては、以下のウェブサイトも参考にしてください。

各種借り入れの返済の相談

住宅ローン・自動車ローン(農機具を含む)、その他借り入れの返済にお困りの場合、下記を参照してください。

住宅ローンなどの相談について(仙台弁護士会).pdf [151KB pdfファイル]