市の保健師と県の保健師、社会福祉協議会が協力して、健康チェックや生活支援相談を行います。

不安や心配事がある場合は、気軽にご相談ください。

避難所に保健師が常駐しています(ページ内リンク)

浸水した地区を対象に、保健師が巡回します(ページ内リンク)

その他の支援(ページ内リンク)

避難所に保健師が常駐しています

避難所に避難されている人の健康チェックや、避難所生活での悩み事相談を受けるため、10月15日から保健師が24時間体制で避難所に常駐します。心身のことで心配がある場合は、保健師に相談してください。

また、市民病院鹿島台分院では、医師や看護師が避難所を定期的に訪問し、皆さんの健康状態や服薬の管理、感染症の予防など医療に関する相談やアドバイスを行います。

【問い合わせ】 健康推進課 電話 0229-23-5311 市民病院鹿島台分院 電話 0229-56-2611 

ページの先頭に戻る

浸水した地区を対象に、保健師が巡回します

古川地域の浸水した地区

令和元年10月19日(土曜日)・20日(日曜日)に、市の保健師と社会福祉協議会が被災した家庭を訪問し、健康チェックと生活支援相談を行います。

鹿島台地域の浸水した地区

令和元年10月21日(月曜日)以降、市・県の保健師と社会福祉協議会が被災した家庭を訪問し、健康チェックと生活支援相談を行います。

【問い合わせ】 健康推進課 電話 0229-23-5311 

ページの先頭に戻る