台風19号で被害を受けた住宅のうち、り災証明書により「全壊」「大規模半壊」「半壊」または「一部損壊(準半壊)」と判定された住宅で、自らの資力では修理できない人を対象に一定の範囲内で応急修理を行います。

対象(令和元年11月6日更新)

り災証明書により「全壊」、「大規模半壊」「半壊」または「一部損壊(準半壊)」の被害を受けた市内の住宅で、そのままでは住むことができない状態にあり、修理を行うことで避難所などへの避難を要しなくなる世帯

※この制度を利用した場合は、応急仮設住宅の提供を受けることができませんが、応急避難に伴う民間賃貸住宅家賃の助成を受けることはできます。

※申込の前に工事に着手したものも対象になります。ただし、修理費用の支払いが済んでいない場合となります。

※修理費用は市が修理した業者へ直接支払います。(被災された人へ支払われるものではありません。)
 

応急修理の内容

住宅の居室、台所、便所など、生活に欠くことのできない部屋で次の部分の修理

  • 屋根、柱、床組、外壁、基礎等の応急修理
  • ドア、窓などの開口部の応急修理
  • 上下水道、電気、ガスなどの配管、配線の応急修理
  • 衛生設備などの応急修理

※内装(壁紙、間仕切壁、襖および床組工事を伴わない畳・フローリングの交換)の修理、水害と直接関係のない部分の修理、家電製品または家具などの修理は対象外です。

工事費の限度額(令和元年11月8日更新)

り災証明書により「全壊」、「大規模半壊」「半壊」の被害を受けた市内の住宅

  • 59万5千円以内(限度額を超えた額を必要とする場合は自己負担) 

り災証明書により「一部損壊(準半壊)」の被害を受けた市内の住宅

  • 30万円以内(限度額を超えた額を必要とする場合は自己負担)

工事の完了期限(令和2年2月12日更新)

令和2年3月11日(水曜日)

申請

現在、受け付けを行っています。必要な書類を添えて、建築住宅課建築開発指導係(市役所東庁舎3階)または、各総合支所地域振興課へ申請してください。

※受付時間は午前8時30分から午後5時15分までです。

必要な書類など

  • 住宅の応急修理申込書 (様式第1号)※申請場所に備え付けています。

  住宅の応急修理申込書(様式第1号) [296KB pdfファイル]

  住宅の応急修理申込書(様式第1号) [33KB docxファイル]  

  • 資力に係る申出書(半壊の場合)(様式第2号)※申請場所に備え付けています。

  資力に係る申出書(半壊の場合)(様式第2号) [209KB pdfファイル]

  資力に係る申出書(半壊の場合)(様式第2号) [31KB docファイル] 

  • 修理見積書(様式第3号)

  修理見積書(様式第3号) [18KB xlsxファイル] 

  修理見積書(様式第3号)記載例 [169KB pdfファイル] 

  • 誓約書

  誓約書 [98KB pdfファイル] 

  • 債権者登録について(法人用、個人用)

  債権者登録について(法人用) [19KB docxファイル] 

  債権者登録について(個人用) [19KB docxファイル] 

  • り災証明書の写し
  • 住宅の被害状況に関する申出書(災害救助法応急修理参考資料)※申請場所に備え付けています。

  住宅の被害状況に関する申出書(災害救助法応急修理参考資料) [85KB pdfファイル]

  住宅の被害状況に関する申出書(災害救助法応急修理参考資料) [20KB docxファイル] 

  • 被害状況が分かる写真
  • 工事完了報告書(様式第5号)

  工事完了報告書(様式第5号) [30KB docファイル] 

問い合わせ先

建築住宅課建築開発指導係 電話 0229-23-8057 

ページの先頭に戻る