宮城県社会福祉協議会では、台風19号により被災し当座の生活費を必要とする世帯に、生活福祉資金緊急小口資金(特例貸付)の貸し付けを実施しています。

詳しくは、大崎市社会福祉協議会(電話 0229-21-0550)にお問い合わせください。

大崎市社会福祉協議会ウェブサイト 令和元年台風19号に伴う生活福祉資金緊急小口資金(特例貸付)のご案内(外部リンク)

貸付対象

被災したことにより当座の生活費を必要とする世帯

貸付金額

原則、一世帯につき10万円(1回限り)

以下の場合は、一世帯につき20万円(1回限り)の貸付も可能

  • 世帯員の中に被災による死亡者がいる場合
  • 世帯員に要介護者がいる場合
  • 4人以上の世帯である場合
  • 世帯員に被災による重傷者、妊産婦、学齢児童がいる場合

ページの先頭に戻る

措置期間

貸付の日から1年以内

償還期限

措置期間経過後2年以内

※貸付利子は、無利子です。償還期限後は、残元金に対し年5.0%の延滞利子が発生します。

申込

以下のものを持参し、大崎市社会福祉協議会に申請してください。

  • 申込者の本人確認ができるもの(運転免許証、健康保険証、住民票など)
  • 印鑑(印鑑がない場合は捺印でも差し支えありません。)
  • 申込者の預金通帳またはキャッシュカード
  • り災証明書または被災証明書 ※貸付決定後の提出も可能です。

ページの先頭に戻る

受付期間

令和元年11月11日(月曜日)から当分の間 平日10時から16時まで

平日のみ、大崎市鹿島台総合支所1階(大崎市鹿島台平渡字上戸下26-2)でも受け付けを行っています。

※大崎市社会福祉協議会鹿島台支所(鹿島台字平渡字上敷19-7 特別養護老人ホーム 敬風園内)では、11月16日(土曜日)・17日(日曜日)も申込窓口を開設しています。

受付窓口 

大崎市社会福祉協議会各支所

※鹿島台地域については、大崎市鹿島台総合支所1階にも開設しています。

ページの先頭に戻る