先端設備等導入計画は、中小企業・小規模事業者等が設備投資を通じて労働生産性の向上を図るための計画です。

大崎市では、国から同意を受けた「導入促進基本計画」に基づき、事業者等からの申請による先端設備等導入計画を認定します。

大崎市導入促進基本計画.pdf [181KB pdfファイル]  

 

【提出書類】

下記の書類を提出してください。

  • 先端設備等導入計画認定申請書
  • 認定経営革新等支援機関の事前確認書
  • 工業会証明書の写し(固定資産税の特例を受ける場合)
  • 先端設備等に係る誓約書(固定資産税の特例を受ける場合)

変更申請

認定を受けた「先端設備等導入計画」を変更しようとするときは、変更認定を申請する必要があります。

なお、認定を受けた「先端設備等導入計画」を変更・追記等する形で作成してください。その際、変更・追記等箇所に下線を引いてください。

【提出書類】

  • 先端設備等導入計画認定申請書_変更届
  • 先端設備等導入計画の変更に係る補助資料
  • 認定経営革新等支援機関の事前確認書
  • 工業会証明書の写し(固定資産税の特例を受ける場合)
  • 先端設備等の係る誓約書_変更後(固定資産税の特例を受ける場合)
  • 前の「先端設備等導入計画」の認定書類の写し

申請様式等

申請に際し、下記の様式を利用してください。

【認定申請書】

 

【認定経営革新等支援機関の事前確認書】

 

認定申請までに工業会証明書が取得できない場合は、別途ご相談ください。

【先端設備等に係る誓約書】

 

【変更申請に係る補助資料】

その他

制度の概要、先端設備等導入計画策定の手引き等については、下記の中小企業庁の該当ページをご覧ください。

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/seisansei/index.html