化女沼湿地・里山ボランティア

化女沼はガン類などの渡り鳥の越冬地として、ラムサール条約に登録されているほか、クリやコナラなどの里山林に囲まれ、600種を超える植物や多くの昆虫類も生息し、周辺には古代の里公園やピクニック広場があり、多くの市民に親しまれています。

この化女沼の豊かな自然環境を、四季を通じて身近に感じ、学ぶことができる環境を、市民の皆さんと一緒に創り出していくことを目的に「化女沼湿地・里山ボランティア」を募集します。

化女沼ボランティア募集チラシ [839KB pdfファイル] 

 

 

化女沼自由広場で活動を行います

 

 

環境教育のための在来植生広場を整備します

 

活動内容

化女沼の湿地や里山の植物や生きものについて活動の基礎を学習します。

現場での主な作業1 湿地再生

湿地や草原の刈り払い・外来植物の抜き取り、運び出しなどを行います。

現場での主な作業2 里山再生

雑木林から稚樹や種子の採種・育苗、植樹、下草刈り、枝払いなどを行います。

期間

平成29年6月から12月の土・日曜日(月1回で全6回程度)

※平成29年5月28日(日曜日)に化女沼ダム観光資料館で説明会を開催します。

場所

化女沼や化女沼自由広場

対象

次の条件を満たす人

  1. 樹木や生き物に関心のある人 
  2. 半日程度の草刈などの野外作業が可能な人

定員

15人程度(応募者多数の場合は選考)

持ち物

筆記用具、ノート

申し込み

平成29年6月8日(木曜日)までに電話かファクス(住所・氏名・電話番号を明記)で申し込み