平成29年度全国学力・学習状況調査が文部科学省によって実施されました。本調査の大崎市の概要を公表します。

調査の目的などは次のとおりです。詳しくは「平成29年度全国学力・学習状況調査結果の概略(大崎市)」を確認してください。

平成29年度全国学力・学習状況調査結果の概略(大崎市) [320KB pdfファイル] 

1 調査の目的

  1. 義務教育の機会均等とその水準の維持向上の観点から、全国的な児童生徒の学力や学習状況を把握・分析し、教育施行の成果と課題を検証し、その改善を図る。
  2. 学校における児童生徒への教育指導の充実や学習状況の改善などに役立てる。
  3. 上記の取り組みを通して、教育に関する継続的な検証改善サイクルを確立する。

2 調査の内容

  1. 教科に関する調査(国語、算数・数学)

ア  主として「知識」に関する問題(これ以降「A問題」と表記)

イ  主として「活用」に関する問題(これ以降「B問題」と表記)

  1. 生活習慣や学習環境等に関する質問紙調査

3 調査月日

平成29年4月18日(火曜日)

4 調査対象学年・教科及び対象校数・対象者数

  1. 大崎市立の各29小学校6学年当日実施児童数
  2. 大崎市立の各11中学校3学年当日実施生徒数

5 結果評価に当たっての基本的な考え方

次の観点から全国・宮城県の結果と比較し、考察していくこととする。

  1. 平均正答率の比較
  2. 設問ごとの平均正答率などの状況
  3. 生活習慣や学習環境等に関する質問紙調査