たいへん暑い日が続いており、市内でも熱中症による体調不良を訴える人が増えています。

熱中症にならないよう暑さを避け、喉の乾きを感じる前に、こまめな水分補給を行いましょう。室内でも熱中症になることもあるので十分注意しましょう。

熱中症予防のために [770KB pdfファイル] 

暑さを避けましょう

室内でできること

  • 扇風機やエアコンで温度を調整し、室温をこまめに確認する
  • 遮光カーテン、すだれ、打ち水を利用する  など

外出時にできること

  • 日傘や帽子の着用する
  • 日陰の利用やこまめな休憩をとる
  • 天気の良い日は日中の外出をできるだけ控える など

体の蓄熱を避けましょう

  • 通気性の良い、吸湿性・速乾性のある衣服を着用する
  • 保冷剤、氷、冷たいタオルなどで体を冷やす など

こまめに水分を補給しましょう

室内・外出時どちらでも、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分と塩分、経口補水液(水・食塩・ブドウ糖を溶かしたもの)などを補給しましょう。

熱中症の主な症状

  • めまい、たちくらみ、手足のしびれ、頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感 など

※重症の場合は、上記に加えて、以下の症状もあらわれます。

  • 返事がおかしい、意識消失、けいれん、体が熱い など

熱中症が疑われる人を見かけたとき

  • エアコンが効いている室内や日陰など、涼しい場所へ避難させる
  • 衣服をゆるめ、首の回り、わきの下、足の付け根など、体を冷やす
  • 水分・塩分、経口補水液(水・食塩・ブドウ糖を溶かしたもの)などを補給する

自力で水が飲めない、意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう。

暑さ指数の実況と予測の公表

環境省では熱中症予防情報サイトを開設し、暑さ指数の実況と予測を公表していますので、こちらの情報もご確認ください。

熱中症予防情報サイト(外部リンク)