わらじ村長として親しまれた鎌田三之助翁が、明治43年、村内14の神社を現在の鹿島台神社に合祀したのを記念し、旧鹿島台村の産業振興を目的として始まった市が「鹿島台互市」です。現在は、農産物や海産物・地場産品・花・瀬戸物・衣類・おもちゃ・食べ物などの露店が立ち並ぶ東北最大級の市としてにぎわいを見せています。

今回は「災害復興支援 鹿島台秋互市」として、台風19号により甚大な被害を受けた鹿島台地域の災害復興を応援する願いを込め、令和元年11月10日から12日まで開催します。

皆さまのご来場お待ちしております。

鹿島台秋互市

災害復興支援 第219回鹿島台秋互市ポスター.pdf [2626KB pdfファイル] 

鹿島台互市の様子

災害復興支援 第219回鹿島台秋互市

日時

令和元年11月10日(日曜日)から令和元年11月12日(火曜日) 午前9時から午後4時

場所

鹿島台昭和通り(JR鹿島台駅~鹿島台総合支所間)

※悪天候などの際には、日程が変更になる場合があります。

鎌田三之助展示室無料開放

鹿島台互市の期間中、展示室を無料開放します。

日時

令和元年11月10日(日曜日)から令和元年11月12日(火曜日) 午前9時~午後5時

場所

鹿島台瑞・華・翠交流施設(鎌田記念ホール)

シャトルバス

会場まではJR東北本線鹿島台駅(下車徒歩1分)を利用するか、鎌田記念ホール特設駐車場(無料・500台)から運行する無料送迎シャトルバスを利用してください。

シャトルバス案内図

問い合わせ

鹿島台互市運営委員会(鹿島台総合支所地域振興課農林商工担当) tel0229-56-5520