令和2年11月15日(日曜日)、午前9時50分ごろ、鹿島台木間塚の市道で、軽乗用車が道路横断中の歩行者と衝突し、横断していた50代女性が死亡する交通事故が発生しました。

ドライバーは、見通しのよい道路であっても漫然運転にならないよう、車や歩行者の早期発見に努め、緊張感をもった運転を心掛けましょう。
歩行者は無理な横断はせず、左右の安全確認を確実に行いながら、車の動きをよく見て道路を渡りましょう。

ドライバーの皆さんへ 

  1. 横断歩道やその付近を横断しようとする歩行者がいる場合は、一時停止をして歩行者の横断を優先しましょう。
  2. 運転席から見て、右から左へ横断する歩行者は見落としやすいことに気を付けましょう。
  3. 夕暮れ時は早めにライトを点灯し、歩行者の早期発見に努めましょう。

歩行者の皆さんへ  

  1. 道路を横断する際は信号を守り、横断歩道などを利用しましょう。
  2. 道路横断時の安全確認を徹底しましょう。特に横断後半は左側から来る車をもう一度確認しましょう。

  3. 夕暮れ時や夜間に外出する際は、運転者から発見されやすい明るい目立つ服装を心掛けるとともに、反射材用品の着用を励行しましょう。

夕暮れ時の事故防止「ラ・ラ・ラ運動」     

  1. ライトオン~ Light on ~(早めのライト点灯)
  2. ライトアップ~ Light up ~(目立つ装備・服装)

  3. ライトケアフル~ Right careful ~(右側注意)