宮城大学オンライン公開講座が公開されました

大崎市では、連携協定を締結している宮城大学との連携協力事業の一環として、平成19年度より「宮城大学移動開放講座」を開催しています。

今年度は新型コロナウイルス感染症の影響により中止となりましたが、宮城大学においてオンライン公開講座が公開されております。

「コロナ禍で活きる宮城大学の知」を共通のテーマとして3本の動画がYouTubeからオンライン配信されておりますので、皆さんぜひご覧ください。

宮城大学ホームページ(外部リンク)

 講座内容

 「病気に負けない体をめざして~食と免疫~」食産業学群教授 森本 素子 氏

体の中に入ってきた病原体を防御する「生体バリア」について確認した上で、それでも入ってきた病原菌をたたく免疫について解説しています。感染症に打ち勝つためには、どんなものを食べて、どんな生活をするべきでしょうか。そのポイントについて説明しています。

「生活習慣病と新型コロナウイルス感染症」看護学群教授 風間 逸郎 氏

新型コロナウイルス感染症に罹患した場合、持病を合併していると重症化しやすくなってしまいます。この持病には、 糖尿病や⾼⾎圧といった⽣活習慣病が含まれます。本講義では、新型コロナウイルス感染症が重症化するメカニズムのほか、これらの⽣活習慣病がどのようにおき、どのように治療・予防すべきかについても説明しています。

「生活の中でやってみよう!新型コロナウイルス感染症対策」看護学群特任講師 松永 早苗 氏

感染症の歴史や、新型コロナウイルスにどのようにして感染するか等について説明した上で、生活の中で行うべき6つの新型コロナウイルス感染症対策について説明しています。特に、アルコール製剤で手を洗う際のポイントは必見です。

問い合わせ先

宮城大学地域連携センター(宮城県黒川郡大和町学苑1番地1)

Tel:022-377-8319 Fax:022-377-8421
E-mail:chiren(a)myu.ac.jp ※「(a)」を「@」に変えてご利用ください。