避難勧告等に関するガイドラインの改定

 平成30年7月豪雨における教訓を踏まえ、国では洪水、土砂災害、河川の氾濫などの際に、住民がとるべき行動を直感的に理解できるよう、市町村による避難勧告などの避難情報や、気象庁などによる気象警報などの防災気象情報が、5段階の警戒レベルを用いて伝達されることとなりました。

改定の概要

(1)警戒レベルを用いた避難勧告等の伝達

  • 住民がとるべき行動を5段階に分け、情報と行動の対応を明確化
  • 5段階の警戒レベルを用いて、出された情報から行動を直感的にわかるように伝達
  • レベル1から2は気象庁が発表し、レベル3から5は市が発令
  • 自らが自発的な避難行動をとる際の判断の参考となる情報として、指定河川洪水予報、指定河川水位情報、大雨警報、土砂災害警戒情報、土砂災害危険度分布などの防災気象情報が、「警戒レベル相当情報」として各関係機関から提供

(2)【警戒レベル5】災害発生情報の伝達

  • 「避難指示(緊急)」の発令基準のうち、災害が実際に発生したとの要件を「災害発生情報」の発令基準の要件に位置づけ、【警戒レベル5】災害発生情報を発令

避難勧告等の発令について

 

【警戒レベル】 【避難情報】  【避難行動】 
 警戒レベル5

災害発生情報

※必ず発令されるものではありません

既に災害が発生している状況です。

命を守るための最善の行動をとりましょう。 

 警戒レベル4

避難勧告

避難指示(緊急)

※必ず発令されるものではありません

速やかに避難先へ避難しましょう。

公的な避難場所への移動が危険と思われる場合や避難所が開設されていない場合は、近くの安全な場所や、自宅内のより安全な場所に避難しましょう。

 警戒レベル3

避難準備・

高齢者等避難開始 

避難に時間を要する人(高齢者、障がい者、乳幼児等)とその支援者は避難しましょう。

その他の人は、避難の準備を整えましょう。 

 警戒レベル2

洪水注意報

大雨警報等 

ハザードマップなどで避難場所、避難経路などの再確認や、避難情報の把握手段の再確認・注意をし、自らの避難行動を確認しましょう。

 警戒レベル1  早期注意情報 最新の気象情報に注意するなど、災害への心構えを高めましょう。

 

≪注意点≫

①災害時に防災行政無線や緊急速報メール等で避難情報をお知らせする際には、冒頭で【災害レベル】と【とるべき行動】をお伝えします。

【警戒レベル3】、【警戒レベル4】が発令された地域にお住いの人は、速やかに避難準備又は避難をしましょう。

③避難とは次のすべての行動をいいます。

  1. 避難所・避難場所への移動
  2. 安全な場所への移動(公園、親戚や友人の家など)
  3. 近隣の高い建物などへの移動
  4. 安全な場所での待機

④各報道機関から警報などの防災気象情報が報道された場合でも、必ずしも避難情報の発令や避難所の開設がされるものではありません

⑤状況が急変することがあるため、各種情報は警戒レベル1から5の順番で発表されるとは限りません。

 

伝達例文

【警戒レベル5】災害発生情報の伝達例文

 緊急放送、緊急放送、災害発生、警戒レベル5、命を守る最善の行動をとってください。

 こちらは、防災大崎市広報です。

 ○○地区に洪水に関する警戒レベル5、災害発生情報を発令しました。

 

【警戒レベル4】避難指示(緊急)の伝達例文

 緊急放送、緊急放送、警戒レベル4、直ちに避難。

 こちらは、防災大崎市広報です。

 ○○地区に洪水に関する警戒レベル4、避難指示を発令しました。

 

【警戒レベル4】避難勧告の伝達例文

 緊急放送、緊急放送、警戒レベル4、避難開始。

 こちらは、防災大崎市広報です。

 ○○地区に洪水に関する警戒レベル4、避難勧告を発令しました。

 

【警戒レベル3】避難準備・高齢者等避難開始の伝達例文

 緊急放送、緊急放送、警戒レベル3、高齢者等避難開始。

 こちらは、防災大崎市広報です。

 ○○地区に洪水に関する警戒レベル3、避難準備・高齢者等避難開始を発令しました。

その他改定に関する情報

防災気象情報の入手先(例)

≪気象庁≫

 ≪国土交通省≫

 ≪宮城県≫

 ≪大崎市≫