土砂災害防止法(平成13年4月に施行)は、土砂災害から国民の生命を守るため、土砂災害のおそれのある区域について危険の周知、警戒避難体制の整備、住宅などの新規立地の抑制、既存住宅の移転促進などのソフト対策を推進しようとするものです。

土砂災害警戒区域(通称:イエローゾーン)

土砂災害のおそれがある区域で、警戒避難体制の整備を図ることを目的として宮城県知事が指定します。

土砂災害特別警戒区域(通称:レッドゾーン)

土砂災害警戒区域の中でも、建築物に損壊が生じ、住民に著しい危害が生じるおそれがある区域で、住宅などの新規立地の抑制などを目的として宮城県知事が指定します。

問い合わせ