ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム大崎市ウェブサイト Osaki City Official Website

  • 文字を小さく
  • 文字を元に戻す
  • 文字を大きく
ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

地域包括ケアシステムの概要

地域包括ケアシステムが必要となった背景

日本は、他に例をみないスピードで高齢化が進んでいます。

大崎市では、令和2年4月1日時点で人口128,718人、高齢化率は30%となっており今後も高齢化率は上昇していく見込みです。

現在、大崎市内の約6割の高齢者は「要介護状態になっても住み慣れた自宅で過ごしたい」と考え、家族も「自分の家族が要介護状態になっても自宅で介護したい」という希望があります。(日常生活圏域ニーズ調査より)

さらなる高齢化に向けて、「住み慣れた地域で自分らしい生活を続けることができる」という一人ひとりの希望を実現させるためには、大崎市の今までの取り組みを生かした「住まい」「医療」「介護」「予防」「生活支援」が一体的に提供される「地域包括ケアシステム」の仕組みづくりが必要とされています。 

地域包括ケアシステムの姿 

大崎市流地域包括ケアシステムの取り組み

大崎市では、これまで、高齢者を対象とした仕組みをつくるために高齢介護課が中心となって取り組みを進めてきました。平成29年4月からは高齢者だけでなく「市民全体」を対象に庁内でも横のつながりを持って、広く取り組むために民生部内の総括担当課となっている社会福祉課内に地域包括ケア推進室を設置して「健康づくり」「自立支援」「地域づくり」を3つの柱に地域包括ケアシステムの仕組みづくりを進めています。 

特に力を入れて取り組んでいるのは、「健康づくり・医療と介護の連携・地域を支える仕組みづくり」の3つで地域、医療、介護、行政が連携して地域包括ケアシステムの構築に取り組んでいます。

大崎市で推進している地域包括ケアシステムのイメージ図 [574KB pdfファイル] 

     印刷 - 地域包括ケアシステムの概要  戻る  ページの先頭
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です

大崎市役所:〒989-6188 宮城県大崎市古川七日町1番1号(法人番号1000020042153)
TEL0229-23-2111(代表) FAX0229-23-9979(代表)
業務時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁日:土・日曜日、国民の祝日、休日、年末年始(12月29日~1月3日)

©2015, OSAKI city. All Rights Reserved.

ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる