プレミアム付商品券とは

消費税率の引上げが家計に与える影響を緩和するとともに、地域の消費を下支えするために発行するものです。

目次

  1. 商品券を購入できる方
  2. 商品券について
  3. 商品券購入までの流れ
  4. 配偶者からの暴力を理由に避難している方への支援
  5. プレミアム付商品券の取扱店舗募集について
  6. 大崎市以外の「購入引換券」をお持ちの方の手続き

1.商品券を購入できる方

  1. 非課税者
     平成31年1月1日時点で、大崎市の住民基本台帳に登録されていた方で、令和元年度の市民税が課税されていない方。
     ただし、住民税が課税されている方に扶養されている方(生計を一にする配偶者・扶養親族等)、生活保護を受給している方は対象外です。 

  2. 子育て世帯
     下記の基準日時点で、大崎市の住民記本台帳に登録されていた方で、平成28年4月2日から令和元年9月30日までに生まれた児童がいる世帯の世帯主。

    区分

    生年月日

    基準日

     平成28年4月2日から令和元年6月1日まで

     令和元年6月1日

     令和元年6月2日から令和元年7月31日まで

     令和元年7月31日

     令和元年8月1日から令和元年9月30日まで

     令和元年9月30日

 内閣府チラシ [1589KB pptxファイル] 

 内閣府特設ホームページ(外部リンク)

2.商品券について

 ・1冊5,000円の商品券を、4,000円で販売します。

 ・1枚あたりの額面は1,000円です。

 ・購入限度額
  1. 非課税者 1人につき5冊
  2. 子育て世帯の世帯主  対象となる児童1人につき5冊
  対象児童が2人の場合は、10冊50,000円(購入額40,000円)の商品券を購入できます。

 ・使用期間は、令和元年10月1日から令和2年1月31日までです。

 ・使用できる店舗は、現在調整中です。決まり次第、古川商工会議所のホームページに掲載します。
  また、商品券を購入する際に、使用可能店舗一覧表をお渡しします。
  事業者の方は下記5の”取扱店舗募集について”をご覧ください。

3.商品券購入までの流れ

 非課税者に該当する方と、子育て世帯に該当する方では手続が違います。申請前又は引換券郵送前に亡くなられた場合は該当になりません。

  1. 非課税者に該当する方
    (1)7月下旬に、購入対象となる可能性がある方に「購入引換券交付申請書」を郵送します。
    (2)令和元年11月30日までに、上記に同封する「返信用封筒」で申請をしてください。
        令和元年8月6日から令和元年8月16日まで、窓口による申請受付も行っています。詳しくは下記をご覧ください。
       なお、申請は任意です。
    (3)交付決定された方へは、9月下旬から随時、「購入引換券」を郵送します。
        申請の内容に確認事項がある場合は、追加資料の提出などをお願いする場合があります。
    (4)令和2年1月31日までに、郵送された「購入引換券」と本人確認書類を持参し、大崎市内の郵便局で「商品券」を購入してください。

  2. 子育て世帯に該当する方
    (1)上記1の”商品券を購入できる方”区分A及びBに該当する方へは、9月下旬に「購入引換券」を郵送します。
       区分Cに該当する方へは、10月上旬に「購入引換券」を郵送します。
    (2)令和2年1月31日までに、郵送された「購入引換券」と本人確認書類を持参し、大崎市内の郵便局で「商品券」を購入してください。
       なお、購入は任意です。

  • 「購入引換券」や「商品券」は、第三者への転売・換金はできません。

  • 「購入引換券」や「商品券」の再発行はできません。

  • 未使用の「商品券」の代金は、返金しません。

 窓口による申請受付

  受付期間  8月6日から8月16日まで(土日・祝日を除く)
  受付時間  午前9時から午後4時20分まで
  受付場所  

地域

会場

住所
古川  本庁舎北会議室1階  大崎市古川七日町1番1号
松山  松山総合支所1階ロビー  大崎市松山千石字広田30番地
 三本木  三本木総合支所第1会議室  大崎市三本木字大豆坂24番地3
 鹿島台  鹿島台総合支所中会議室  大崎市鹿島台平渡字上戸下26番地2
 岩出山  岩出山総合支所市民相談室  大崎市岩出山字船場21番地
鳴子  鳴子保健・医療・福祉総合センター事務室  大崎市鳴子温泉字末沢1番地
田尻  田尻総合支所市民福祉課  大崎市田尻通木字中崎東10番地1

 

4.配偶者からの暴力を理由に避難している方への支援

 全国の市区町村において、令和元年10月に予定されているプレミアム付商品券の販売について、配偶者からの暴力を理由に避難している方は「一定の要件を満たしている旨の事前申出」を行った場合は次のような措置を受けることができます。

  1. 住民票所在市区町村ではなく、居住市区町村から購入引換券を交付する。

  2. 非課税者分について、基準日で配偶者と生計を別にしている場合には、配偶者に扶養されていないものとみなし、配偶者が課税者であってもDV避難者等が非課税者であれば購入引換券を交付する。

  3. 子育て世帯分については、DV避難者が同伴する子ども分の購入引換券は、配偶者に対して交付せず、DV避難者に対して交付する。

 一定の要件とは

  • 医療保険上、配偶者と異なる世帯に属すること、または配偶者の被扶養者となっていないこと。

  • 申出者の配偶者に対し、配偶者暴力防止法に基づく保護命令が出されていること。

  • 婦人相談所等から「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」が発行されていること。

  • 基準日の翌日以降に住民票を居住市町村に移し、住民基本台帳事務処理要領に基づく支援措置の対象となっていること。

 事前申出

  • 「配偶者からの暴力を理由に避難している旨の申出書」と、申出書に記載のある添付書類を添えて、居住する市区町村に提出。

 申出書 [401KB pdfファイル] 

 大崎市の申出書受付締切日   令和元年9月13日

  • ただし、申出をいただいた旨の連絡が、住民票がある市区町村に届いた時点で、すでに購入引換券が配偶者等に対して交付されてしまっている場合、申出を行った方への交付はできませんのでお早めに手続きをお願いします。

5.プレミアム付商品券の取扱店舗募集について

  1. 募集期間   令和元年8月16日から令和元年9月5日まで 

  2. 資格要件   大崎市内に店舗を構える事業者

  3. 申込先    「宝の都・大崎」プレミアム商品券実行委員会
            古川商工会議所内  電話 0229-24-0055
            大崎商工会本所   電話 0229-52-2272
            玉造商工会本所   電話 0229-72-0027

6.大崎市以外の「購入引換券」をお持ちの方の手続き

 現在、大崎市の住民基本台帳に登録されていて、他市町村の「購入引換券」の交付を受けた方は、大崎市の「購入引換券」と交換できます。

  1. 交換できる期間   令和元年10月1日から令和2年1月31日まで
  2. 交換できる場所   民生部社会福祉課 地域福祉係(西庁舎2階)
  3. 持参するもの    他市町村の「購入引換券」
  • 民生部社会福祉課にて「購入引換券」を即日発行します。
  • 各総合支所市民福祉課でも交換の受け付けはできますが、「購入引換券」は1週間程度でご自宅へ郵送します。

「プレミアム付商品券」を装う”振り込め詐欺”や”個人情報の詐取”にご注意ください

  • 市町村などが手数料などの振込を求めることは絶対にありません。
  • 市町村などがATM(銀行・コンビニなどの現金自動支払機)の操作をお願いすることは、絶対にありません。

 ご自宅や職場などに市町村などをかたった電話がかかってきたり、郵便が届いたら、迷わず最寄りの警察署または警察相談専用電話(#9110)にご連絡ください。

問い合わせ

民生部社会福祉課 プレミアム付商品券専用ダイヤル
 電話 0229-25-7395・0229-25-7396(平日のみ 午前9時から午後5時まで)