高額介護サービス費について

 介護保険のサービスを利用する場合、1ヵ月当たりに利用した利用者負担の合計額が高額になり、上限額を超えたときは、申請により超えた分が「高額介護サービス費」として後から支給されます。

対象者

介護保険サービスを利用した人で、1カ月当たりの利用者負担の上限額を超えた人

利用者負担区分と上限額

利用者負担区分と上限額
区分 上限額(月額)
現役並み所得者に相当する人がいる世帯 44,400円(世帯)
市民税課税世帯 37,200円(世帯)
市民税非課税世帯 24,600円(世帯) 

合計所得金額および課税年金収入額の合計が80万円以下の人

老齢福祉年金の受給者

15,000円(個人)
生活保護受給者 15,000円(個人)

※介護保険制度の改正に伴い「現役並み所得者に相当する方がいる世帯」の区分と上限額が新たに設けられました。この区分に該当する人は同一世帯内に住民税課税所得145万円以上の65歳以上の人がいる場合に対象となります。なお、この場合、平成27年8月1日以降に利用した介護サービスから適用となります。

 利用者負担の上限額が申請により据え置きとなります 

上記の利用者負担区分のうち、「現役並み所得者に相当する人がいる世帯」のうち、以下に該当する場合、あらかじめ申請することにより、利用者負担の上限額が44,400円から37,200円に据え置きとなります。

  • 同一世帯内に65歳以上の人が1人の場合で、その人の収入が383万円未満の場合
  • 同一世帯内に65歳以上の人が2人以上いる場合で、それらの人の収入の合計額が520万円未満の場合 

問い合わせ