幼児教育・保育の無償化による施設利用料等の無償化分の還付を受けるには、下記の手続きが必要となります。

手続きがないと還付を行うことができませんので、期限までに必ず提出してください。

対象となる期間  

令和元年10月~12月分までの利用料 

対象となる子ども(以下のすべてに当てはまる場合のみ)

  • 今年度保育認定を受けていて、認可外保育施設、一時預かり事業、病児保育、子育て援助活動支援事業を利用している
  • 平成31年4月1日時点で満3歳以上の子どもがいる世帯、または平成31年4月1日時点で満2歳以下の子どもがいる市民税非課税世帯(均等割含む) 

手続き

  1. 利用している施設等から「施設等利用費請求書(以下「請求書」)をもらう(施設等にない場合には子ども保育課までご連絡ください)
  2. 請求書を記載し、利用費の領収証を添付の上、子ども保育課に提出(来課しての提出が難しい場合には、子ども保育課までご連絡ください)
  3. 請求後、1か月程度で市から還付 

提出書類

  1. 施設等利用費請求書(償還払い用)   

    様式 請求書(様式).xlsx [42KB xlsxファイル]

    記載例  請求書(記載例).xlsx [45KB xlsxファイル]

  2. 特定子ども・子育て支援の提供に係る領収証(施設で発行しているものを代用可) 

提出締切

令和2年1月29日(水曜日) 

提出場所

子ども保育課(大崎市役所西庁舎2階)

その他

問合せ先 子ども保育課(0229-23-6040)