転入や転出、転居により通学区域が変更になった場合、次の手続きが必要です。

手続きの方法

1.市内に転入する場合

  1.  市民課または各総合支所市民福祉課で転入の手続きをすると、入学通知書が発行されます。
  2.  入学通知書と在籍していた学校から発行された在学証明書などを指定された学校へお持ちください。

 ※ 教育委員会古川支局、教育委員会各支所への手続きは不要です。

2.市外へ転出する場合

  1.  在籍していた学校から在学証明書などの転校に必要な書類を受け取ってください。
  2.  市民課または各総合支所市民福祉課で、転出の手続きをしてください。
  3.  転入先の市町村へ転入届を出してください。
  4.  在籍していた学校で受け取った書類を持って、転入先の市町村教育委員会または学校で手続きをしてください。

3.転居により指定学校が変更になる場合

  1.  在籍していた学校から在学証明書などの転校に必要な書類を受け取ってください。
  2.  市民課または各総合支所市民福祉課で転居の手続きをすると入学通知書が発行されます。 
  3.  入学通知書と在籍していた学校から発行された在学証明書などを指定された学校へお持ちください。

4.その他

転入や転出、転居の場合でも、「一定の事由」に該当するときは、指定学校変更について「申し立て」の手続きを行うことで、通学している学校に引き続き在学することができます。また、小学校  や中学校への「入学時」も、一定の事由に該当する場合は、指定学校の変更について申し立てができますので、詳しくはお問い合わせください。

教育委員会が定める「一定の事由」とは?

  1. 転居に関する理由
  2. 家庭の事情
  3. 心身の障害に関する理由
  4. 教育的理由
  5. 地理的理由

など

問い合わせ