市民税・県民税は、市内に住所があり、前年(1月~12月)に一定以上の所得があった人、および、市内に住所はないが、市内に事務所・事業所または家屋敷を持っている人に課税されます。

市民税・県民税は、市に納付されたのち、県民税分が市から県へ送られます。

納税義務者

納める税額
納税義務者 納める税額
市内に住所がある人 均等割額と所得割額
市内に住所はないが、市内に事務所、事業所または家屋敷を持っている人 均等割額

市民税・県民税でいう「住所がある人」とは

住所がある人とは、原則として「毎年1月1日現在、その市町村の住民基本台帳に登録されている人」という意味です。ただし、住民基本台帳に登録がなくても、実際にその市町村に住んでいる場合には、住民基本台帳に登録されているものとして扱われています。