年の途中に引越しなどにより、市外へ転出し、または市内に転入した場合の市民税・県民税の取り扱いについては次のとおりです。

市民税・県民税は、その年の1月1日の住所地である市町村で課税されるものです。そのため、年の途中に転出・転入した場合でも納付先の市区町村に変更はありません。

住所を変更した翌年については、翌年の1月1日現在に住所がある市区町村で課税されることになります。