病気やけがで診療を受けるとき、保険証を提示すれば費用の1割から3割を支払うだけで診療が受けられます。ただし、年齢や収入などにより費用の負担割合は変わってきます。

  1. 小学校就学前の人…費用の2割(子ども医療費助成受給者証を持っている人は、県内で受診した場合のみ窓口での負担がなくなります) 【子ども医療費助成について内部リンク)
  2. 小学校就学~69歳までの人…費用の3割
  3. 70歳~74歳の人…費用の2割(昭和19年4月1日以前生まれの人は1割)または3割(現役なみ所得者)

国保で受けられない診療・制限される診療

  • 正常分娩
  • 人工中絶
  • 健康診断 
  • 予防接種
  • 美容整形 
  • 仕事上のけがや病気(労災保険の対象になる場合)
  • 交通事故などの第三者から障害を受けて病院にかかるとき(損害賠償の扱いとなり、医療費は原則加害者負担となりますが、国保を一時的に使って受けることはできます。)【 第三者行為について(内部リンク)
  • けんかや泥酔などによるけがや病気
  • 犯罪や故意によるけがや病気
  • 医師の指示に従わなかったとき

 上手な医療機関などへの受診のしかた

  • 休日や夜間に開いている救急医医療機関は、緊急性の高い患者を受け入れるためのものです。平日の時間内に受診できないか考えてみましょう。
  • 夜間における急な病気やケガなど、翌日まで待っていいのか救急車を呼んだ方がいいのか迷ったときは、まず、夜間救急電話相談に相談してください。経験豊富な看護師が応じます。【 夜間救急電話相談について(内部リンク) 】
  • かかりつけ医やかかりつけ薬剤師を持ち、気になることがあれば相談しましょう。
  • 同じ病気で複数の医療機関を受診することは控えましょう。医療費を増やしてしまうだけでなく、重複する検査や投薬によりかえって体に悪影響を与えてしまうなどの心配もあります。
  • 薬が余っているときは、医師や薬剤師に相談しましょう。また、薬のもらいすぎに注意しましょう。
  • 薬は飲み合わせによっては、副作用を生じることがあります。お薬手帳を活用するなど、すでに処方されている薬を医師や薬剤師に伝え、飲み合わせに注意しましょう。
  • 後発医薬品(ジェネリック医薬品)は、先発医薬品と同等の効能効果を持つ医薬品で、費用が先発医薬品よりも安く済みます。医療機関や薬局に利用を相談してみましょう。
  • 年に1回必ず特定健診(40歳から74歳の国保加入者が対象)を受け、早期発見・早期治療に努めましょう。 

問い合わせ