大崎ジュニアドラゴンの皆さんと高橋副市長

高円宮賜杯第39回全日本学童軟式野球大会・大崎ブロック大会を制した「大崎ジュニアドラゴン」が令和元年6月11日、優勝報告に市役所を訪れました。

6月1日に諏訪球場で行われた決勝戦では、相手チームを7対1の大差で退け、2年ぶり5度目の優勝を果たしました。

報告に訪れた16人のメンバーを代表し、主将の村上大悟さんから「相手チームに点を取られたけど、チーム一丸となって最後まであきらめなかったことが良かったです」と優勝の喜びを話しました。

報告を受けた高橋副市長は「皆さんのチームワークとお父さんやお母さんの支えがあっての勝利と思います。県大会も優勝目指して頑張ってください」と激励しました。

県大会は6月15日・16日に石巻市河南中央公園野球場で開催され、県内各地区大会を制した8チームのトーナメント戦で行われます。

県大会の優勝、そして全国大会を目指す皆さんの健闘を祈ります。