重要文化財「木造千手観音坐像」

令和2年10月28日、重要文化財「木造千手観音坐像」公開記念式典が、田尻総合支所で行われました。「木造千手観音坐像」は田尻総合支所内の重要文化財「木造千手観音坐像」観覧室で保存・展示します。庁舎内に重要文化財の保存活用施設を設置し展示するのは、国内では初めてのことです。

「木造千手観音坐像」には、重要文化財の指定の際に注目された、二つの珍しい特徴があります。一つ目は、二重まぶたの目、二つ目は、背面で吉祥天や女神のように髪をたわませて結い上げる髪型(結髪)。

珍しい特徴を持った「木造千手観音坐像」をぜひご覧ください。

一般公開の詳しい内容については、下記のリンク先で確認してください。

重要文化財「木造千手観音坐像」の一般公開がはじまります(内部リンク)


テープカットの様子 アトラクション(市指定文化財「春藤流謡曲」保存会 鉢の木会の皆さま)