地域担い手経営基盤強化総合対策実験事業の目標未達成理由などを公表します。

本事業は、平成20年度および平成21年度において、認定農業者等担い手の育成・確保、担い手への農地の利用集積などを目標として実施した「地域担い経営基盤強化総合対策実験事業」について、経営体育成支援事業実施要綱附則3により準用する別記1の第3の5の規定に基づき、地域担い手経営基盤強化総合対策実験事業の目標未達成理由などを公表します。

なお、目標が未達成となっている内容は、事業実施主体である大崎市担い手育成総合支援協議会および関係機関が連携して、目標達成に向けたフォローをしていくこととしています。