観光ガイドブックをもっと詳しく!【鳴子温泉エリア編】

更新日:2021年02月26日

鳴子温泉地域は、湯量と泉質が豊富な温泉地であり、環境省指定の「国民保養温泉地」です。

選奨土木遺産に認定された『鳴子ダム』や伝統工芸品「鳴子こけし」「鳴子漆器」も有名です。

地域の特産物紹介

フレッシュな「ブルーベリー」

酸性の土壌と山間部の冷涼な気候が育む鳴子温泉のブルーベリーは、さわやかな酸味と芳醇な甘みのバランスが絶妙な味わい。みやぎの環境にやさしい農産物認証制度において、農薬・化学肥料不使用の認証を取得しています。

旬はいつ?

ブルーベリーの旬は短く、7月中旬~8月下旬にかけて。各農園ではつみとり体験も実施。入園料は有料ですが園内は食べ放題となっているので、摘みたてのフレッシュなおいしさを堪能できます。

鳴子温泉のブルーベリーつみとり園

  • ゆさ果実工房 住所 大崎市鳴子温泉字焼石亦41 電話 0229-87-2413
  • たかはし農園 住所 大崎市鳴子温泉字焼石亦147 電話 0229-87-2435
  • うえのブルーベリー園 住所 大崎市鳴子温泉字焼石亦18 電話 0229-87-2655
  • 猪股農園 住所 大崎市鳴子温泉字沼井54 電話 0229-83-2953
  • カムロブルーベリー園 住所 大崎市鳴子温泉鬼首字山崎38 電話 0229-86-2207

ページの先頭に戻る

観光情報

板そば 藤治朗(とうじろう)~温泉水で仕立てる二八そば~

鳴子温泉地域で育てられた鬼そばと、山形や北海道のそば粉をブレンド。つなぎに鳴子の天然アルカリイオン温泉水「玉鳴号」を使った「板そば」(850円)は、噛むほどに素朴な甘みが広がる。

店舗情報

  • 住所 大崎市鳴子温泉星沼9-10
  • 時間 11:00~14:30 ※そばがなくなり次第終了
  • 定休日 火曜

VERRY VERRY(ベリーベリー)~温泉散策のおともに大判焼~

ピンクの店内で焼く「大判焼」(120円)を片手に、温泉散策をするのがひそかに人気。つぶあんやクリームなど定番はもちろん、ずんだやお好み焼きなどの変わり種もおすすめ。皮はうすめで具だくさん︕

店舗情報

  • 住所 大崎市鳴子温泉新屋敷85
  • 時間 11:00~17:00
  • 定休日 不定休

「東北DC」鳴子温泉メニュー

4月~9月末まで東北6県で開催される大型観光キャンペーン「東北DC(デスティネーションキャンペーン)」の特別メニューです。この期間にぜひ体験してみよう!

塗師に教わる拭き漆体験

大崎市の伝統的工芸品の一つ「鳴子漆器」の箸の制作体験ができる。

  • 開催日時 令和3年4月から9月の毎月第1日曜 10:00~、14:00~
  • 問い合わせ 電話 070-5670-7811(鳴子温泉もりたびの会)

ページの先頭に戻る

この記事に関するお問い合わせ先

観光交流課

〒989-6188
大崎市古川七日町1-1 市役所東庁舎2階

電話番号:0229-23-7097
ファクス:0229-23-7578

メールフォームによるお問い合わせ