大崎市立学校・幼稚園において感染者等が発生した場合の対応について(お知らせ)

更新日:2021年09月02日

大崎市教育委員会では、今後も必要となる適切な感染症予防対策の推進を図るため、臨時休業措置の在り方について見直しを図りました。

次のとおりとなりますので、御理解と御協力をよろしくお願い申し上げます。

臨時休業期間について

・陽性が確認された児童生徒等や教職員が、感染したと考えられる日以降に学校等に登校もしくは勤務していた場合は、保健所による濃厚接触者等の特定、検査に必要な日数等を勘案し、感染拡大を最大限防止するため基本的に臨時休業措置(全体または一部)を取ります。

・臨時休業期間につきましては、感染拡大のおそれがないと判断されるまでとし、目安として3~5日となります。ただし、状況により期間の短縮あるいは延長も考えられます。

・新たに陽性が確認されず、行動履歴や他との接触状況等から、保健所等がそれ以上の臨時休業措置の必要なしと判断した場合は、判断のあった翌日以降、学校等を再開します。

・学校等が再開した場合でも、行動履歴や他との接触状況から、新たな検査などが必要な場合には引き続き、学年・学級閉鎖の措置をとることがあります。

・学校等内における濃厚接触者等の確認は、感染された方の発症日の概ね2日前を基本とします。

この記事に関するお問い合わせ先

学校教育課

〒989-6492
大崎市岩出山字船場21 岩出山庁舎2階

電話番号:0229-72-5033
ファクス:0229-72-4004

メールフォームによるお問い合わせ