【受付終了】新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金について(令和3年8月20日要請分)

更新日:2021年12月02日

新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(令和3年8月20日要請分)は、11月30日(火曜日)をもって受付を終了しました。

※ 申請期限を令和3年11月30日(火曜日)まで延長しました。

※申請様式・手引き等一括ダウンロード

目次

はじめに

※ 宮城県を対象として、国による「緊急事態宣言」が発令されたことを受け、営業時間短縮要請等の期間が変更になっています。

これを受けて、本市では要請期間に応じ以下のとおり申請を分けて協力金の受付を実施します。

【令和3年8月20日要請分】

要請期間:令和3年8月20日(金曜日)午後8時から令和3年8月27日(金曜日)午前0時まで実施分

申請期間:令和3年9月13日(月曜日)から令和3年11月12日(金曜日)

【令和3年8月27日要請分】

要請期間:令和3年8月 27日(金曜日)午前0時から令和3年9月13日(月曜日)午前5時まで実施分

申請期間:令和3年9月13日(月曜日)から令和3年11月30日(火曜日)

※本ページは『令和3年8月20日要請分』について説明しています。『令和3年8月27日要請分』の協力金は別途申請が必要です。詳しくはこちらをご覧ください。

営業時間短縮の協力要請の概要

要請期間:令和3年8月20日(金曜日)午後8時から同年8月27日(金曜日)午前0時まで

対象施設:食品衛生法上の営業許可を取得している全飲食店

要請内容:午前5時から午後8時までの営業時間短縮

酒類の提供は午前11時から午後7時まで

※従前から午前5時から午後8時までの時間の範囲内で営業している店舗は、要請対象外です。

新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金の概要

支給要件

以下のすべてに該当する事業者が対象です。

1.食品衛生法の営業許可を取得しており、通常、午後8時から午前5時までの時間帯を含む営業を行っていること

※従前から、午前5時から午後8時の間で営業している店舗は対象外です。

2.令和3年8月19日以前から開業しており、大崎市内で営業実態があること

3.協力要請の対象期間すべてにおいて、要請に全面的に協力いただくこと

※協力要請対象期間:令和3年8月20日(金曜日)午後8時~令和3年8月27日(金曜日)午前0時

※要請内容:午前5時~午後8時までの営業時間短縮(酒類の提供は午前11時~午後7時)

※利用者に対して、休業又は時短営業、酒類等の提供時間短縮を知らせる貼り紙の写真や、SNSの写しなど、時間短縮したことが確認できる資料などが必要です。

4.県の「新型コロナ対策実施中ポスター(飲食店用)」等の取得及び掲示等をしていること

※業種毎に定められたガイドライン等を遵守し、感染防止対策を十分に実施した上での営業をお願いします。

※「選ぶ!選ばれる!!みやぎ飲食店コロナ対策認証制度」の認証店について、認証ステッカーの取得,掲示でも代用可能です。

※利用者が見やすい場所に掲示していただくことが必要です。また、掲示したことが確認できる写真が必要です。

※ポスター、認証ステッカーの取得については、宮城県のホームページをご参照ください。

支給額

今回の協力金の支給額は、対象施設の1日当たりの売上高に応じて変動します。

1施設(店舗)当たりの金額(算定方法)は以下のとおりです。

(1)中小企業(個人事業主含む) 【売上高方式】

前年度又は前々年度の1日当たり売上高が83,333円以下の場合

17.5万円(2.5万円/日×7日)

前年度又は前々年度の1日当たり売上高が83,334円~250,000円の場合

(1日当たりの売上高の3割)×7日

前年度又は前々年度の1日当たり売上高が250,001円以上の場合

52.5万円(7.5万円/日×7日)

(2) 大企業又は中小企業(個人事業主含む) 【売上高減少方式】

(前年度又は前々年度と今年度を比較した1日あたり売上高の減少額)×4割×7日 (上限140万円)

※ただし、大企業の場合は、前年度又は前々年度の1日当たりの売上高の3割または20万円のいずれか低い方が 1日当たりの協力金の上限となります。

1日当たりの売上高について

「1日あたりの売上高」は店舗ごとに,以下のいずれかの方法で計算します。

  1. (令和元年8月1日~8月31日までの売上高の合計)÷31
  2. (令和2年8月1日~8月31日までの売上高の合計)÷31
  3. (令和元年8月20日~8月26日までの売上高の合計)÷7
  4. (令和2年8月20日~8月26日までの売上高の合計)÷7

※ 売上高は消費税・地方消費税を除いた額で計算してください。

対象店舗すべての1日当たりの売上高が83,333円以下の事業者の方は、簡易申請を選択できます。

申請方法

簡易申請と通常申請の2通りの申請方法がございます。申請の手引きに沿って申請方法にあった書類をご用意いただき,下記申請先へご提出ください。

申請方法の選択については,下記の「申請方法確認シート」もご参照ください。

申請期間

令和3年9月13日(月曜日)~令和3年11月30日(火曜日)(当日消印有効)

申請先

郵送:989-6188 大崎市古川七日町1番1号 大崎市産業経済部産業商工課

窓口:大崎市役所東庁舎2階 産業商工課

※ 原則郵送での申請にご協力ください。

申請の手引き

※申請の手引きは,通常申請・簡易申請両方を説明した『通常版』と,簡易申請のみを説明した『簡易申請専用』の2つをご用意しております。

簡易申請

  • 対象店舗すべての1日当たりの売上高が83,333円(令和元年又は令和2年8月の売上が概ね258万円)以下の事業者の方が選択できます。
  • 支給額:17.5万円/店舗
  • 確定申告書、売上台帳等の提出が不要です。
申請様式
添付書類

1.誓約書

2.時間短縮営業を行った店舗の店舗情報シート

下記(1)から(4)の添付が必要です。

(1)営業時間短縮要請に協力したことがわかる写真、SNS等での周知記事のスクリーンショット等

(2)店舗外観の写真(店舗の全体が分かる写真)

(3)店舗内観の写真(飲食スペースが確認できる写真)

(4)宮城県発行の「新型コロナ対策実施中ポスター」等を掲示していることがわかる写真

※ 令和3年4月5日要請分協力金に申請済みの方は(3)、(4)の添付を省略できます。

3.対象店舗の営業に必要な営業許可書の写し

※ 申請者と営業許可書の名義が同一であることが必要です。

4.本人確認書類

5.通帳の写し

6.提出書類チェックリスト

※ 提出いただく申請書類は一つでも不足していると受付ができません。提出前に必ず「提出書類チェックリスト」で確認してください。

※ 令和3年4月5日要請分協力金に申請済みの方は,3.~5.の添付書類を省略できます。

通常申請

  • 1店舗あたりの売上高に応じて支給額が変わります(17.5万円~140万円)。
  • 売上高情報シートの提出が必要となります。
  • 確定申告書,売上台帳等の提出が必要となります。
申請様式
添付書類

1.誓約書

2.時間短縮営業を行った店舗の店舗情報シート

下記(1)から(4)の添付が必要です。

(1)営業時間短縮要請に協力したことがわかる写真、SNS等での周知記事のスクリーンショット等

(2)店舗内観の写真(飲食スペースが確認できる写真)

(3)店舗外観の写真(店舗の全体が分かる写真)

(4)宮城県発行の「新型コロナ対策実施中ポスター」等を掲示していることがわかる写真

※ 令和3年4月5日要請分協力金に申請済みの方は(3),(4)の添付を省略できます。

3.時間短縮営業を行った店舗の売上高情報シート

※ 支給額を算定するのに使用します。

※ 売上高方式、売上高減少方式いずれかを選択して作成してください。

※ 新規開業特例の適用を受ける場合は様式第5号(その2)又は(その5)をご使用ください。

※ 新型コロナ・災害等特例の提供を受ける場合は様式第5号(その3)又は(その6)をご使用ください。

4.令和元年又は令和2年の確定申告書類の写し

※【個人】所得税確定申告書及び所得税青色申告書決算書の写し

※【法人】法人税確定申告書及び法人事業概況説明書の写し

5.店舗ごとの月別売上高がわかる書類の写し

※消費税・地方消費税の額が確認できる売上台帳等

6.対象店舗の営業に必要な営業許可書の写し

※ 申請者と営業許可書の名義が同一であることが必要です。

7.本人確認書類

8.通帳の写し

9.提出書類チェックリスト

※ 提出いただく申請書類は一つでも不足していると受付ができません。提出前に必ず「提出書類チェックリスト」で確認してください。

※ 令和3年4月5日要請分協力金に申請済みの方は,6.~7.の添付書類を省略できます。

この記事に関するお問い合わせ先

産業商工課

〒989-6188
大崎市古川七日町1-1 市役所東庁舎2階

電話番号:0229-23-7091
ファクス:0229-23-7578

メールフォームによるお問い合わせ