大崎市地域おこし協力隊

更新日:2024年02月19日

地域おこし協力隊(多文化共生推進事業)【令和6年4月1日任用】

本市では多文化共生を推進するため、地域における他文化への理解促進を支援し、地域住民と(仮称)大崎市立日本語学校の学生らとの交流事業などを行う隊員を募集します。

応募資格や居住地域など、詳細は募集要項を確認してください。

受付期間

令和6年2月19日(月曜日)から令和6年3月18日(月曜日)まで
(ただし、応募があり次第、受け付けを終了します。)

募集人員

1人

募集要項

大崎市地域おこし協力隊について

現在、本市では5人の隊員(令和5年7月1日時点)がそれぞれのミッションを持ち、地域に入って活動をしています。

地域おこし協力隊集合写真

協力隊員の活動が外務省のサイトに紹介されました!

外務省・日本事情に関する海外向け紹介サイト「Web Japan」Japan Video Topics「こけし~心温まる手作り人形~」において、大崎市地域おこし協力隊として伝統的工芸品・鳴子こけしの技術習得に向け岡崎靖男工人のもとで修業中の田邉香さんが紹介されています。

https://web-japan.org/jvt/ja/(左から外部リンク)

生活の魅力と先輩隊員

着任後は大崎市内に居住します。居住地域は転入前の居住地域によって変わり、家賃は大崎市が負担します。本市の豊かな自然はもちろん、豊富な泉質の温泉を生活の一部として楽しむことができます。

また、現在3人(令和5年4月時点)の元協力隊員が定住し、漆器職人やこけし工人として起業しています。

活動や生活の不安など、困った時は先輩隊員としてサポートしてくれます。

赤い法被を着て頭にこけしのお面をつけている地域おこし協力隊員の女性の写真
青いニット帽をかぶって、右手でピースサインをしている地域おこし協力隊員の男性の写真
こけしに囲まれた女性の写真

この記事に関するお問い合わせ先

政策課

〒989-6188
大崎市古川七日町1-1 市役所本庁舎3階

電話番号:0229-23-2129
ファクス:0229-23-2427

メールフォームによるお問い合わせ