鳴子温泉郷(観光・温まる)

更新日:2021年04月18日

鳴子温泉郷(鳴子温泉の内湯と露天風呂の写真)

東北の湯治場として名高い鳴子温泉郷には、中山平温泉・鳴子温泉・東鳴子温泉・川渡温泉・鬼首温泉の五つの特色ある温泉地があります。

日本国内にある11種の泉質のうち9種が存在し、源泉数は370本以上、泉質・湯量ともに豊富な温泉郷で、効能や泉質には定評があります。

鳴子の温泉は、一般的効能として、神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・うちみ・くじき・関節こわばり・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復・疲労回復・健康増進などがあげられています。

平成19年6月8日発行の月刊誌「旅の手帖」7月号の『「青春18きっぷ」で行く温泉番付』において、温泉評論家の八岩(やついわ)まどかさんの行司のもと、鳴子温泉郷が東の横綱に認定されました。

鳴子温泉郷が東番付の横綱になっている、温泉番付

泉質と効能

泉質と効能

泉質

泉質別効能(一般的効能)

単純温泉

湧出温度が25度以上で、含有される温泉の成分が薄い温泉。湯がやわからいのでさらりとしていて入り心地が良いです。

重炭酸土類泉

カルシウムやマグネシウムを含んでいる温泉。ほとんど無色透明で石鹸は使えません。
鎮静作用があります。

重曹泉

アルカリ泉とも呼ばれ、無色透明。
石鹸の泡立ちもよく、入浴すると皮膚の表面を軟化させる作用があります。

食塩泉

日本でもっとも多い泉質で、石鹸は使えません。入浴すると皮膚に塩分が付着するため保湿効果があります。

芒硝泉・石膏泉

無色透明で芒硝泉を除いて石鹸は使えません。芒硝泉はナトリウムを含み、高血圧症などによいと言われています。

明ばん泉

アルミニウムの硫酸塩が主成分となる温泉。皮膚の粘膜を引き締める効果があります。

緑ばん泉・炭酸鉄泉

鉄分を含む温泉。炭酸鉄泉は湧出口では無色で空気に触れると酸化され、褐色の沈殿物ができます。緑ばん泉は、強酸性で銅、コバルトを含んだものが多く、濁っています。

硫黄泉・硫化水素泉

硫黄を含む温泉。ゆで卵が腐ったような独特のにおいで、湯は白く濁っています。
解毒や皮膚を滑らかにする作用があります。

酸性泉

水素イオンを含む温泉。
一般に高温で無色か、わずかに黄褐色で酸味があり、殺菌力が強いのが特徴です。
湯が肌にしみる感じがします。

下駄手形で歩こう・鳴子温泉街を歩けば「下駄も鳴子」

街を歩けば下駄も鳴子
鳴子の温泉の露天風呂の写真
2021年鳴子温泉カラコロまっぷ表紙
下駄手形見本

鳴子温泉めぐりは「下駄手形」を持つことから!

下駄手形を持っている人は、協賛店(ポスターが掲示されています)で割引や特典などいろいろなサービスが受けられます。

「下駄手形」は1つ100円です。鳴子温泉駅内の「鳴子観光・旅館案内センター」でお買い求めください。

詳細は、下駄手形を購入するともらえる「カラコロまっぷ」で確認してください。

「鳴子・最上湯めぐりチケット」で気軽にお得に温泉が楽しめます!

鳴子温泉郷と山形県最上町赤倉温泉、瀬見温泉の各旅館と共同浴場の湯めぐりが気軽に楽しめるチケットです。

このチケットを買えば、温泉宿に宿泊しなくても気軽に旅館と公衆浴場のお風呂が楽しめます。

「湯めぐりチケット」は1枚1300円です。湯めぐりチケットについている6枚のシールで入浴すると、入浴料金が現金に比べてお得になります。

チケットは各旅館、鳴子温泉駅内の観光・旅館案内センターで販売しています。

湯めぐりチケットは入浴のみとなり、休憩はできません。また、タオルは持参してください。

 湯めぐりチケットの詳しい情報は、鳴子温泉郷観光協会ホームページで確認してください。

新型コロナウイルス感染症対策のため、鳴子温泉郷の各宿泊施設や日帰り入浴施設などについて、休業や営業日・営業時間等の変更が生じております。詳細につきましては、各施設へお問い合わせ願います。

ゆめぐり広場

気軽に温泉の湯ざわりを楽しんでもらう「手湯」と回廊を備えた「ゆめぐり広場」が鳴子温泉駅前にあります。

鳴子温泉を散策しながら、この手湯や足湯で一休みしてみてはいかがでしょうか。

ゆめぐり広場「手湯」・「下地獄足湯」位置図

お知らせ

ゆめぐり広場駐車場内の「下地獄足湯」をご利用する際は、マスクの着用及び隣の方との距離をあけて座っていただくようご協力をお願いします。
なお、隣接の「温泉たまご工房」は利用ができませんのでご理解をお願いします。

問い合わせ

鳴子総合支所地域振興課

電話 0229-82-2026 ファクス 0229-82-2533

鳴子温泉郷観光協会

電話 0229-82-2102 ファクス 0229-83-2094

この記事に関するお問い合わせ先

鳴子総合支所 地域振興課

〒989-6892
大崎市鳴子温泉字新屋敷65 鳴子総合支所庁舎2階

電話番号:0229-82-2191(総務防災担当、地域づくり担当)、0229-82-2026(観光担当、農林担当、建設担当)
ファクス:0229-82-2533

メールフォームによるお問い合わせ