相続などで農地を取得した人

更新日:2021年04月26日

農地相続後の届出義務

相続等により農地の権利を取得したときは、居住地および農地所在地の農業委員会に届出をする必要があります。

相続などによる農地の権利取得を農業委員会がきちんと把握し、農地の有効利用に努めます。

手続きは簡単です。農業委員会の窓口に来所してください。

届出をしなかったり、虚偽の届出をした場合、10万円以下の過料に処せられます。

提出書類

  1. 農地法第3条の3の規定による届出書(Wordファイル:58.5KB)
  2. 登記完了証または相続登記済みの土地の全部事項証明書など、相続したことの確認ができる書類

提出期限

権利を取得したことを知った日からおおむね10か月以内

この記事に関するお問い合わせ先

農業委員会事務局

〒989-6117
大崎市古川旭四丁目1-1 宮城県大崎合同庁舎2階

電話番号:0229-21-0577
ファクス:0229-22-8045

メールフォームによるお問い合わせ