• 大崎市の二十四節気【立夏】(りっか)夏の気配が立ち上がってきたような時期、という意味です。春分と夏至のちょうど中間で、5月に入り少し夏めいてきた頃をいいます。

  • 大崎市の二十四節気【立夏】(りっか)夏の気配が立ち上がってきたような時期、という意味です。春分と夏至のちょうど中間で、5月に入り少し夏めいてきた頃をいいます。