• 大崎市の二十四節気【秋分】(しゅうぶん)昼夜の長さがほぼ同じになる日で、この日を境に日が短くなり、秋の夜長に向かいます。秋分の日は彼岸の中日で、前後3日間を秋彼岸といい、先祖のお墓参りをする習慣があります。

  • 大崎市の二十四節気【秋分】(しゅうぶん)昼夜の長さがほぼ同じになる日で、この日を境に日が短くなり、秋の夜長に向かいます。秋分の日は彼岸の中日で、前後3日間を秋彼岸といい、先祖のお墓参りをする習慣があります。