• 大崎市の二十四節気【小雪】(しょうせつ)木々の葉が落ち、山には初雪が舞い始める頃です。「小雪」とは、冬とは言え、まだ雪はさほど多くないという意味で、冬の入口にあたります。

  • 大崎市の二十四節気【小雪】(しょうせつ)木々の葉が落ち、山には初雪が舞い始める頃です。「小雪」とは、冬とは言え、まだ雪はさほど多くないという意味で、冬の入口にあたります。