大崎市中小企業者・小規模企業者持続化事業補助金

更新日:2022年04月25日

中小企業者・小規模企業者の販路開拓(創意工夫による売り方やデザイン改変)やDX(デジタル・トランスフォーメーション)に関する取組み(産業の維持発展・デジタル化等)、新製品・新技術の開発等を支援するため、それに要する経費の一部を補助するもの。

補助金の種類

  1. 販路拡大・DX支援補助金:中小企業者及び小規模企業者が行う販路開拓や業務効率化、生産性向上等の事業に対する補助金
  2. 販路拡大・DX支援補助金:中小企業者及び小規模企業者が行うDX(産業の維持発展・デジタル化等)に向けた事業対する補助金
  3. 販路拡大・DX支援補助金:中小企業者が製造する工業製品及び新たに開発した技術の販路開拓のために行う展示会等の出展事業に対する補助金
  4. 新製品・新技術開発補助金:中小企業者が行う工業製品の製造に係る新製品・新技術の開発事業に対する補助金

申請期間

令和4年6月1日(水曜日)から 予算額に達するまで 

※年度内に事業が完了することが必要です。

申請先

販路拡大・DX支援補助金

  • 古川地域:古川商工会議所 電話0229-24-0055
  • 松山、三本木、鹿島台、田尻地域:大崎商工会 電話0229-52-2272
  • 岩出山、鳴子地域:玉造商工会 電話0229-72-0027

新製品・新技術開発補助金

大崎市産業経済部産業商工課 電話0229-23-7091

対象者

販路拡大・DX支援補助金

  1. 古川商工会議所、大崎商工会、玉造商工会から推薦を受けた市内の事業者
  2. 次のいずれの要件にも該当しないこと
    • 市税の滞納があるとき
    • 大崎市暴力団排除条例第2条第3号の規定に該当しているとき
    • 食品衛生法や建築基準法など、関係法令などに違反しているとき
    • 風営法第2条第1項各号に掲げる営業で、同法第3条第1項の許可を受けていない者
    • 風営法第2条第5項に掲げる「性風俗関連特殊営業」を営んでいる者
    • 令和3年度に同補助金を活用した者
    • その他市長が不適切と認める営業を行っている者

新製品・新技術開発補助金

  1. 古川商工会議所、大崎商工会、玉造商工会、NPO法人未来産業創造おおさきから推薦を受けた市内の事業者
  2. 次のいずれの要件にも該当しないこと
    • 市税の滞納があるとき
    • 大崎市暴力団排除条例第2条第3号の規定に該当しているとき
    • 食品衛生法や建築基準法など、関係法令などに違反しているとき
    • 風営法第2条第1項各号に掲げる営業で、同法第3条第1項の許可を受けていない者
    • 風営法第2条第5項に掲げる「性風俗関連特殊営業」を営んでいる者
    • 令和3年度に同補助金を活用した者
    • その他市長が不適切と認める営業を行っている者
  1. NPO法人未来産業創造おおさきから推薦を受けた市内の中小企業者(中小企業者とは、中小企業基本法第2条第1項に規定する事業者)次のいずれの要件にも該当しな

補助対象経費

販路拡大・DX支援補助金

中小企業者及び小規模企業者(販路開拓や業務効率化、生産性向上等の事業)

広報費、展示会等出展費、旅費、宿泊費、デザイン開発費、ホームページの作成費、文献購入費、賃借料、専門家謝金、専門家旅費、ポスティング委託費等、消耗品費等対象事業の実施に直接要する経費

中小企業者及び小規模企業者(産業の維持発展・デジタル化等に向けた事業)

本事業のみに使用し、売上や生産性の向上につながるソフトウェアの導入利用料・購入費、WEB会議設備導入、機器購入費、従業員教育費・研修費等対象事業の実施に直接要する経費

中小企業製造業者(製造する工業製品及び新たに開発した技術の販路開拓のために行う展示会等の出展事業)

出展料、小間装飾料、旅費、宿泊費、展示物の運搬費

新製品・新技術開発補助金

原材料費、機械装置費、工具器具費、技術指導料、外注加工費、システム構築費、文献購入費、賃借料、専門家謝金、専門家旅費、専門家宿泊費、消耗品費等対象事業の実施に直接要する経費

補助金額

販路拡大・DX支援補助金

補助対象経費の2分の1以内(限度額20万円)

新製品・新技術開発補助金

補助対象経費の2分の1以内(限度額50万円)

この記事に関するお問い合わせ先

産業商工課

〒989-6188
大崎市古川七日町1-1 市役所東庁舎2階

電話番号:0229-23-7091
ファクス:0229-23-7578

メールフォームによるお問い合わせ