指定居宅介護支援事業関係

更新日:2021年02月26日

概要

地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律(平成26年法律第83号。)の施行により、介護保険法(平成9年法律第123号。以下「法」という。)の一部が改正され、平成30年4月1日から、法第46条第1項に規定する指定居宅介護支援事業者に係る権限が市町村長に移譲されました。

実施時期

大崎市は、平成30年4月1日から開始しています。

提供サービス

指定居宅介護支援

介護を必要とされる人が、自宅で適切にサービスを利用できるように、介護支援専門員(ケアマネジャー)が心身の状態や生活環境、本人、家族の希望に沿って居宅サービス計画(ケアプラン)を作成したり、ケアプランに位置づけたサービスを提供する事業所等の連絡・調整などを行います。

各種様式・資料

指定居宅介護支援の指定等に関する様式・資料は以下のとおりです。

提出先

大崎市民生部高齢介護課高齢福祉係

宮城県大崎市古川七日町1番1号西庁舎1階

  • 電話番号 0229-23-6085
  • ファクス番号 0229-23-2418

この記事に関するお問い合わせ先

高齢介護課

〒989-6188
大崎市古川七日町1-1 市役所西庁舎1階

電話番号:0229-23-6085(高齢福祉担当)、0229-23-6125(介護審査担当、介護給付担当) 、0229-23-2413(介護認定調査員)
ファクス:0229-23-2418

メールフォームによるお問い合わせ