木造住宅の耐震診断・改修の助成事業

更新日:2022年09月30日

木造住宅の耐震診断・改修の助成事業

市では皆さんが地震に自ら備え、安全で安心な暮らしができるように木造住宅の耐震化に助成を行っています。

※令和4年度の受付は終了しました。

木造住宅耐震改修促進事業フロー図

木造住宅の耐震診断助成事業

対象

昭和56年5月31日以前に建築した3階建て以下の戸建て木造住宅

※令和4年度耐震診断助成事業の受付は終了しました。

費用負担額

費用負担額の詳細

延べ面積

自己負担額

200平方メートル以下

8,400円

200平方メートルを超え 270平方メートル以下

18,900円

270平方メートルを超え 340平方メートル以下

29,300円

340平方メートルを超える

39,800円

受付期間

令和4年5月9日(月曜日)から令和5年1月31日(火曜日)まで

土曜日、日曜日、祝日、休日、12月29日から1月3日は受付を行いません。

※令和4年度耐震診断助成事業の受付は終了しました。

受付時間

(午前)8時30分から12時まで

(午後)13時から17時15分まで

申込方法

必要事項を記入した申込書と印鑑を申込場所に持参して申し込み(築年と階ごとの床面積を事前に確認してください)

申込場所

大崎市建設部建築指導課指導担当(市役所東庁舎3階)、または各総合支所地域振興課

申請書類

木造住宅の耐震改修工事助成事業

対象

市の木造住宅の耐震診断事業で耐震性が無いとされ、作成した改修計画を基に耐震改修工事、建て替え工事をする住宅

年度内に工事が完了するもの(建て替え工事は建築基準法第7条第5項の検査済証の交付まで終えること)

※令和4年度耐震改修工事助成事業の受付は終了しました。

注意

・県内に本店もしくは支店のある建設業者が施工する改修工事が対象となります。

・お申込み前に契約、工事着手等した場合は対象外となります。

・増築や減築をともなう改修工事は対象にならない場合があります。

補助金額

基本上限額 1,000,000円(改修費用の5分の4)

加算金

耐震改修工事と併せて10万円以上のその他の改修工事を行う場合(耐震建て替え工事を含む) 上限額 100,000円(改修費用の25分の2)

受付期間

令和4年5月9日(月曜日)から令和5年1月31日(月曜日)まで

土曜日、日曜日、祝日、休日、12月29日から1月3日は受付を行いません。

※令和4年度耐震改修工事助成事業の受付は終了しました。

受付時間

(午前)8時30分から12時まで

(午後)13時から17時15分まで

申請方法

必要事項を記入した申請書、添付書類、印鑑を受付場所に持参して申し込み

申請の前に必ずお問い合わせください。

受付場所

大崎市建設部建築指導課指導担当(市役所東庁舎3階)

※各総合支所では受付しておりません。

申請書類

みやぎ木造住宅耐震改修施工技術者について

宮城県では木造住宅耐震改修の技術向上のため工事の施工又は監理をする技術者を対象に講習会を実施しております。

講習会を受講した技術者について宮城県のホームページに掲載されておりますので、耐震改修工事を検討される際の参考としてご活用ください。

問い合わせ先

大崎市建設部建築指導課指導担当

電話番号0229-23-8057 ファクス番号0229-24-1819

この記事に関するお問い合わせ先

建築指導課

〒989-6188
大崎市古川七日町1-1 市役所東庁舎3階

電話番号:0229-23-8057
ファクス:0229-24-1819

メールフォームによるお問い合わせ